EN
すべてのカテゴリ
EN

[メール保護]

無人小売、ブランド企業が注意すべき問題!

閲覧数:9 著者: 公開時間: 9 原産地:

農夫山泉、ワハハ、旺旺、統一、マスターコング、ファミリーコンビニエンス、北京京客隆商業、グッドショップ、そして今日の有人小売部門は、昨年の寒い年と比較して、すでにどこでも荒れ狂っていて、サプライチェーンの利点とチャネルリソースが増えています。 ブランド企業が市場に参入し、業界にさまざまな方向性をもたらしました。 一方で、それはまた、市場がブランド企業が無人小売チャネルをどのように展開できるかについてより多くのことを考え始めました。


ブランド企業向けの無人小売チャネルを独立して配布するための重要なポイントは何ですか?

ポイント1:ターミナルコストとリターン

コストとリターンは、どのビジネスでも永遠のトピックです。 無人小売は人的資源や家賃に一定のメリットがありますが、現在の無人小売技術の開発により、自動販売機やインテリジェントコンテナ、無人コンビニエンスストアの大規模展開にかかるコストは依然として高くなっています。 したがって、ブランド企業が利用できる小売チャネルはありませんが、最終的に鶏の羽にやみくもに投資するのではなく、綿密なコストと収益の計算をうまく行う必要があります。


ポイント2:ブランドの商品特性と消費者の需要との関係に注意を払う

主要な消費者層の消費環境、意識、習慣は大きく変化しているため、ブランド企業は、無人小売業を独立して流通させる際に、自社の商品特性と消費者の需要との関係を十分に考慮する必要があります。 製品ラインの長さ、製品の剛性、製品の年齢属性、およびその他の要因が、実際のビジネスにおけるチャネルのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。 ブランド企業は、消費者を中心として、主要な消費者グループのニーズを満たす特徴的な商品と一致させる必要があります。


キーポイント3:ビジネス制御システムの構築

ビジネス制御システムには、実際にはXNUMXつのレベルがあり、XNUMXつは内部統制、もうXNUMXつはチャネル制御です。 無人小売端末のインテリジェントレベルは非常に高いですが、実際の経験によれば、対応する制御システムを確立するために、内部と外部の両方が多くのエネルギーを費やす必要があります。 オペレーティングシステムなどの内部、チャネル制御、共謀防止、資産保護などの外部。 無人小売チャネルは、活力と変動性に優れた新しいチャネルです。 新しいチャネルの制御システムは、特定のイノベーションの柔軟性を維持するだけでなく、チャネルの順序を保護し、エンタープライズビジネスを開発する必要があります。 したがって、ほとんどのブランド企業にとって、そのようなチャネルに直面することは機会であると同時に課題でもあります。